ワーキンググループ

ワーキンググループの設立の申請は、申請書に必要事項をご記入の上、info@eda-consortium.jp まで送信して下さい。送信の際は、申請者の責任において必ず暗号化をお願い致します。
>>申請書ダウンロードはこちら

産業別ワーキンググループ

EDAはIoTセンサーと関係が深いことから、活用されるシーンとしてFAをイメージする人が多いと思います。異常を検知し、生産ラインを止めるなどです。しかし、EDAはFAはもちろんのこと、他にもさまざまな産業に適合します。

基本的な進化のポイントは、PULLからPUSHです。駐車場の空きスペースをWebサイトで閲覧(PULL)しなくても、センサーがそれまで駐車していた車の出庫を検知したらスマートフォンに知らせ(PUSH)が来るようになります。

例えばスマートシティでは、動き回る人々やトランスポーテーションとの関係などで、複雑なEventが発生するでしょう。店舗では、来店客の振る舞いをリアルタイムにEventとして捉えて、さまざまなサービスや防犯に結びつけようとするでしょう。

更に、Eventをトリガーに発生するアクションやコラボレーションには人の判断が介在する場合もあり、携帯端末などもEventメッシュ上で重要な役割を果たします。

最終的には、全産業がEventメッシュに包み込まれると考えられますが、まずは次の産業別ワーキンググループの立ち上げを計画しています。

  • EDA Factory
  • EDA Filed Service
  • EDA Smart City
  • EDA Security
  • EDA Retail / Store
  • EDA Logistic

Eventメッシュ方式によって、複合処理の実現および現場への展開が容易になり、様々なリアルタイムアプリケーションのシステム基盤として、そして社会基盤として広く使われる可能性が高まりました。

共有イベントの例:

製造ラインを制御するセンサーは、その工場の保守会社が共有して利用できる。
DB連携よりもイベント共有の方がセキュリティポリシーの共有が簡単。

機能別ワーキンググループ

それぞれのEvent処理は、部品やそのビルダーがコンポーネント化され、更にそのコンポーネントの流通が考えられます。これらのコンポーネントの定義や商品化を目的に、機能別ワーキンググループの立ち上げを計画しています。

海外ベンダーのコンポーネント例

イベントブローカー作成

  • データ統合
  • データ整形
  • 移動平均統計の取得
  • フィルタ
  • 制限
  • データ追加
  • ログストリーム出力
…など17種類のタスク

アプリケーション開発

  • 通知
  • アサイン
  • 位置追跡
  • 推奨
  • 会話
  • エスカレーション
…など13種類のタスク

例えばUberの車の手配と、フィールドサービスのエンジニアの手配は、ほとんど同じコンポーネントで対応できます。

共通部品の例:

フィールドエンジニアのアロケーションと、Uberの様な配車手配は、必要なイベント処理がほとんど共通している。