エッジコンピューティングがリアルタイムアプリケーションをエンタープライズグレードにする方法(How Edge Computing Makes Real-Time Applications Enterprise Grade)

  • 2021.06.05
  • ニュース

VANTIQContent Marketing ManagerであるAiden Mathieuが、エッジコンピューティングを効果的に活用して、リアルタイムアプリケーションをエンタープライズグレードにする方法について解説しています。その鍵となるのは、以下の5つの点で示すリアルタイムアプリケーション開発における拡張性、可用性、信頼性、迅速性(いわゆる「-ilities」)とその他のいくつかの重要事項になります。

 

  1. 拡張性(Scalability)
    水平方向・垂直方法への拡張性だけでなく、分散配置による拡張性が求められています。大量のイベントを分散された場所で処理するためには、データが発生する場所に近いところで処理する必要があります。
  2. 可用性/信頼性(Availability/Reliability
    分散されていない環境でのリアルタイムアプリケーションは、接続が切れるとアプリケーションが利用できなくなる問題があります。ビジネスロジックをエッジノードに分散配置することで単一障害点を取り除くことができ、仮に接続が切れてもエッジデバイスで継続して動作することが可能になります。これは、アプリケーションの更新や新しいノードへの展開においても有効になります。
  3. 迅速性(Agility
    リアルタイムアプリケーションの開発には迅速性が求められています。それだけではなく、アプリケーションの配備においても迅速性が求められています。
  4. セキュリティ(Security
    データセキュリティにおいては、正しいアクセス権の設定と可視性が求められています。エッジコンピューティングは、エッジデバイス上でデータを追跡したり機密情報をフィルタリングしたりすることが可能になります。
  5. プラットフォームアプローチ(The Platform Approach
    エンタープライズグレードのリアルタイムイベントドリブンアプリケーションを展開するには、エッジコンピューティングの力をリアルタイムアプリケーション開発環境に結び付けることができるプラットフォームが必要です。

 

詳細は以下のURLを参照してください。

https://vantiq.com/blog/how-edge-computing-makes-real-time-applications-enterprise-grade/