2022年のデジタルビジネスイノベーションに影響を与えるトップ5のトレンド

  • 2021.12.20
  • ニュース

本書は、Vantiqブログに20211215日に投稿された Top 5 Trends Impacting Digital Business Innovation in 2022”を日本語に翻訳したものです。原文はこちらを参照してください。本書の内容と原文とに差異がある場合には、原文が優先されます。

 

2022年はもうすぐそこまで来ています。新しい年を迎えるにあたり、Vantiqは、デジタルイノベーションに多大な影響を与えるいくつかの重要なトレンドの最前線にいます。パンデミックを超えて、企業が環境への影響に責任を持つようになり、よりパーソナライズされた体験を求める顧客の要求に応えるために努力するようになると、企業におけるデジタル化が加速します。企業は、効率を向上させ、新たな収益源を生み出すために、エッジコンピューティング、IoT、コンポーザブル(Composable)なアプリケーション開発などの先進技術に注目しています。

さらに、企業がデジタル環境と物理環境を結びつける新たな方法を模索する中で、これらのテクノロジーは、市場初期の革新的な取り組みをサポートするものから、真のミッションクリティカルなソリューションを推進するものへと変化しています。新しいタイプの「ビジネステクノロジスト」がこの取り組みの先頭に立ち、テクノロジーがどのようにしてビジネスの価値を生み出すことができるかについて、新しい戦略と考え方を植え付けています。

間違いなく、私たちは前例のない変化の崖っぷちにいるのです。来年、企業は、以下のように、業務方法を変革する革新的なソリューションを簡素化し、開発を急ぐ方法を模索し続けるでしょう。

 

2022年のデジタルビジネスイノベーションに影響を与えるトップ5のトレンド

  • エッジネイティブなアプリケーション:エッジがデータ処理の中心になると、クラウドの役割はデータストレージに移行します。このような進化の中で、アクションをとるところに近いところで処理が行われることで実現される低レイテンシー、スケーラビリティ、リアルタイム性を活用することを目的とした「エッジネイティブ」なシステムやアプリケーションという新しいカテゴリーが生まれています。

  • ミッションクリティカルなIoTの展開:分散環境を支えるエッジコンピューティングやイベントドリブンなアーキテクチャの進歩により、IoTのスケーラビリティが最適化され、ミッションクリティカルなIoTアプリケーションのサポートが可能になってきました。これは、今後も重要性が増していく傾向にあると考えています。

  • コンポーザビリティ:コンポーザブルアーキテクチャの登場により、ユーザーはアプリケーションのモジュールを簡単に共有できるようになり、ゼロから始めなくてもミックス&マッチ(種々さまざまな物を組み合わせて作る)の統合が可能になりました。このようなアプローチにより、テストラボでのPoCから実際のユースケースへの移行が迅速に行えます。その結果、ビジネスの価値をより短期間で実現することができます。

  • リアルタイムなサステナビリティ:自動化や人と機械のコラボレーションによって、状況を分析し、リアルタイムで対応できるようになれば、組織は悪影響を回避するために対応することができ、エネルギー使用の最適化、より少ない資源の利用、二酸化炭素排出量の削減など、持続可能性に関する懸念に対応することができます。

  • ビジネステクノロジストの台頭:このような傾向に伴い、企業内では新たな役割が登場します。ビジネステクノロジストは、顧客に近い立場にあり、顧客を惹きつけ続けるために必要なデジタル機能をより意識しています。

Vantiqは、リアルタイム分散ソリューションを構築・展開するためのローコードプラットフォームのリーディングカンパニーです。次世代のイベント駆動型アーキテクチャをベースに、IoTデバイス、カメラ、企業システムからのリアルタイムストリーミングデータを高度にスケーラブルかつ低レイテンシーで分析し、セーフティ、セキュリティ、業務効率化のための状況認識を促進します。Vantiqのプラットフォームは、リアルタイムデータソースを容易に統合し、資産、イベント、人、環境を監視するアプリケーションの開発を簡素化するように設計されており、企業はイベント発生時にリアルタイムの対応を自動化することができます。

2022年のトレンドとVantiqの分散型のダイナミックで、エッジネイティブな開発プラットフォームについてもっと知りたいですか?「Vantiq Announces Key Trends Driving Digital Business Innovation in 2022」をお読みください。

 

以上